心のうた-日本抒情歌-

◆ 体裁 A5型 (148mm×210mm) 320頁 
◆ 価格 1,000円+税
◆ ISBN 978-4-88986-345-1 
◆ 初版発行 1995年10月20日

「平城山」「さくら貝の歌」「冬の夜」「花かげ」「影を慕いて」「芭蕉布」「四季の歌」「時には母のない子のように」など、228曲。

★ 収録曲索引

<あ>
あゝ玉杯に花うけて
青い山脈
青い眼の人形
仰げば尊し
青葉城恋唄
赤い靴
赤い花白い花
赤い帽子白い帽子
赤とんぼ
秋の子
秋の月
あざみの歌
あの素晴しい愛をもう一度
あの町この町

雨降りお月
あわて床屋
<い>
いい日旅立ち
池の鯉
いずみのほとり
一月一日
「いちご白書」をもう一度
<う>
上を向いて歩こう
美しき天然

うれしいひな祭り
<お>
おお牧場は緑
贈る言葉
朧月夜
想い出の渚
おもちゃのマーチ
お嫁においで
俺たちの旅
女ひとり
<か>
かあさんの歌
蛙の笛
案山子
学生街の喫茶店
学生時代
影を慕いて
霞か雲か

肩たたき
かたつむり
カチューシャの唄
かなりや
かもめの水兵さん
からたちの花
かわいいかくれんぼ
川の流れのように
神田川
乾杯
<き>
汽車
北上夜曲
北国の春
君恋し
今日の日はさようなら
銀色の道
<く>
靴が鳴る
紅萌ゆる岡の花
<こ>
こいのぼり
鯉のぼり
恋人もいないのに
荒城の月
黄金虫
故郷の空
故郷の廃家
故郷を離るる歌
ここに幸あり
心の旅
心の窓に灯火を
心もよう
古城
この広い野原いっぱい
この道
ゴンドラの唄
<さ>
さくら
さくら貝の歌
さすらいの歌
里の秋
さよならをするために
<し>
叱られて
四季の歌
シクラメンのかおり
七里ヶ浜の哀歌
しゃぼん玉
十五夜お月さん
城が島の雨
証城寺の狸囃子
精霊流し
白菊の歌
白雲なびく
白鳥の歌
知床旅情
白い色は恋人の色
白い花の咲く頃
白いブランコ
人生の並木路
<す>
スキー
鈴懸の径
砂山

<せ>
背くらべ
青春時代
惜別の歌
船頭小唄
船頭さん
<そ>
早春賦
空よ
<た>
太陽がくれた季節
たきび
たなばたさま
出発の歌
旅の宿
旅人よ
誰もいない海
<ち>
ちいさい秋見つけた
小さな日記
千曲川
茶摘
中国地方の子守歌
蝶々
<つ>
月の砂漠
月見草
月見草の花
翼を下さい
つりがね草
<て>
出船
てるてる坊主
てんとう虫のサンバ
<と>
同期の桜
灯台守
遠い世界に
遠くへ行きたい
時には母のない子のように
時計台の鐘
どこかで春が
どじょっこふなっこ
どんぐりころころ
<な>
仲よし小道
なごり雪
夏の思い出
夏は来ぬ
夏休み
七つの子
平城山
<に>
庭の千草
人形
<の>
野菊
<は>
箱根八里
芭蕉布
初恋

花かげ
花のメルヘン
花嫁人形
埴生の宿
母の歌
波浮の港
浜千鳥
浜辺の歌
バラが咲いた
春一番
春が来た
春風
遙かな友に
春の唄
春のうた
春の小川
春の日の花と輝く
春よ来い
春爛漫の花の色
<ひ>
ひとり寝の子守唄
人を恋うる歌
琵琶湖周航の歌
<ふ>
ふじの山
冬景色
冬の星座
冬の夜
故郷
ふるさとの
<へ>
ペチカ
紅屋の娘
<ほ>
鉾をおさめて
星の界

蛍の光
北帰行
<ま>
牧場の朝
待ちぼうけ
迷い道
真夜中のギター
<み>
みかんの花咲く丘
岬めぐり
水色のワルツ

都ぞ弥生の
都の西北
<む>
虫のこえ
村の鍛冶屋
村祭
<め>
めだかの学校
<も>
もずが枯木で
紅葉
森の水車
<や>
椰子の実
山小舎の灯
山寺の和尚さん
山のかなたに
山のけむり
<ゆ>
夕日
夕焼小焼

雪の降る町を
雪山讃歌
夢のお馬車
ゆりかご
揺籃のうた
<よ>
夜明けのうた
宵待草
<り>
旅愁
<れ>
れんげ草
<わ>
若き血
若者たち
我が良き友よ
忘れな草をあなたに
われは海の子

¥ 1,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

通報する