日本の心を歌う 日本の抒情歌 | 野ばら社通販部

1/3

日本の心を歌う 日本の抒情歌

¥572 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

4営業日以内に発送(土日祝年末年始休業)
送料全国一律300円

◆ 体裁 B6変型 (115mm×183mm) 256頁 
◆ 価格 520円+税
◆ ISBN 978-4-88986-358-1 
◆ 初版発行 2004年11月10日

懐かしい童謡から、「世界に一つだけの花」「涙そうそう」「さくら(独唱)」までを収録。
全181曲。

★ 収録曲索引

<あ>
あゝ玉杯に花うけて
愛燦燦
青い山脈
青い眼の人形
仰げば尊し
青葉茂れる桜井の
青葉の笛
赤い靴
赤とんぼ
あざみの歌
アニーローリー
あの町この町

雨降りお月=雲の蔭
<い>
いい日旅立ち
いつかある日
五木の子守唄
いつまでもいつまでも
<う>
上を向いて歩こう
美しき天然

うれしいひな祭り
<え>
江戸子守唄
<お>
お江戸日本橋
贈る言葉
幼き頃の思い出
お正月
朧月夜
思い出
<か>
かあさんの歌
案山子
学生時代
霞か雲か
かたつむり
カチューシャの唄
かなりや
鎌倉
からたちの花
川の流れのように
神田川
乾杯
<き>
北上夜曲
<く>
靴が鳴る
紅萌ゆる岡の花
<こ>
こいのぼり
鯉のぼり
荒城の月
黄金虫
故郷の空
故郷の廃家
故郷を離るる歌
心の旅
心の窓に灯火を
秋桜(コスモス)
この道
ゴンドラの唄
<さ>
さくら
さ く ら(独唱)
さくら貝の歌
酒と泪と男と女
さすらいの唄
さとうきび畑
里の秋
さよなら
さよならをするために
さらば青春
<し>
叱られて
四季の歌
七里ヶ浜の哀歌
島唄
島原地方の子守唄
しゃぼん玉
十五夜お月さん
シューベルトの子守歌
城ヶ島の雨
少年時代
白鳥の歌
白いブランコ
<す>
鈴懸の径
砂山(曲/中山晋平)
砂山(曲/山田耕筰)

<せ>
背くらべ
世界に一つだけの花
船頭小唄
<そ>
早春賦
卒業写真
<た>
竹田の子守唄
たなばたさま
旅立ちの日に
旅人よ
誰もいない海
<ち>
ちいさい秋みつけた
千曲川
地上の星
茶摘
中国地方の子守歌
<つ>
津軽のふるさと
月の砂漠
月見草の花
<て>
鉄道唱歌
出船
てるてる坊主
<と>
灯台守
遠くへ行きたい
時計台の鐘
どこかで春が
どじょっこふなっこ
<な>
涙そうそう
夏の思い出
夏は来ぬ
七つの子
平城山(ならやま)
<に>
新妻に捧げる歌
庭の千草
<ね>
眠りの精
<の>
野菊
野なかの薔薇
<は>
箱根八里
芭蕉布
初恋

花(すべての人の心に花を)
花かげ
花の街
花嫁人形
埴生の宿
波浮の港
浜千鳥
浜辺の歌
春一番
春が来た
春風
遙かな友に
春のうた
春の唄
春の小川
<ひ>
人を恋うる歌
琵琶湖周航の歌
<ふ>
ふじの山
冬景色
冬の星座
冬の夜
ブラームスの子守歌
故郷
ふるさとの
<へ>
ペチカ
<ほ>
星の界
蛍の光
北帰行
<ま>
待ちぼうけ
<み>
見あげてごらん夜の星を
みかんの花咲く丘
岬めぐり

未来へ
<む>
虫のこえ
村の鍛冶屋
村祭
<め>
めだかの学校
<も>
モーツァルトの子守歌
もずが枯木で
紅葉
もらい泣き
<や>
椰子の実
山小舎の灯
山寺の和尚さん
山のかなたに
山のけむり
<ゆ>
夕日
夕焼小焼
雪の降る町を
ゆりかご
揺籃のうた
<よ>
夜明けのうた
宵待草
<り>
旅愁
<ろ>
ローレライ
<わ>
別れの磯千鳥
忘れな草をあなたに
われは海の子

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥572 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品