ピアノ伴奏付 童謡唱歌

◆ 体裁 A5型 (148mm×210mm) 384頁 
◆ 価格 1,200円+税
◆ ISBN 978-4-88986-386-4 
◆ 初版発行 2014年5月20日

童謡唱歌の代表的な曲196曲にピアノ伴奏譜が付きました。
「赤い鳥小鳥」「あの子はたあれ」「ふしぎなポケット」「ちんから峠」「時計台の鐘」など。

★ 収録曲索引

<あ>
アイアイ
青い眼の人形
あおげば尊し
青葉茂れる桜井の(桜井の訣別)
青葉の笛(敦盛と忠度)
赤い靴
赤い鳥小鳥
赤い帽子白い帽子
赤とんぼ
あした
あの子はたあれ
あの町この町

あめふり
雨降りお月
雨降り熊の子
あわて床屋
哀れの少女(故郷の人々)
あんたがたどこさ
<い>
池の鯉
一月一日
いちねんせいになったら
一寸法師
田舎の冬
犬のおまわりさん
<う>
うぐいす
うさぎ
うさぎとかめ
兎のダンス
牛若丸
歌の町
海(松原遠く~)
うみ(うみはひろいな~)
浦島太郎
うれしいひな祭り
<お>
おうま
大きな栗の木の下で
おお牧場はみどり
おかあさん
お猿のかごや
お正月
おつかい蟻さん
おなかのへるうた
おばけなんてないさ
おはながわらった
おはなしゆびさん
朧月夜
思い出
思い出のアルバム
おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのマーチ
お山のお猿
おんまはみんな
<か>
案山子
かくれんぼ
かごめかごめ
霞か雲か

肩たたき
かたつむり
かなりや
鎌倉
かもめの水兵さん
からすの赤ちゃん
かわいいかくれんぼ
かわいい魚屋さん
<き>
菊(庭の千草)
汽車
汽車ポッポ
金魚の昼寝
きんたろう
<く>
靴が鳴る
<こ>
鯉のぼり(甍の波と~)
こいのぼり(屋根より~)
荒城の月
こうま
黄金虫
故郷の空
故郷の廃家
故郷を離るる歌
この道
こもりうた(江戸子守唄)
<さ>
才女(アニーローリー)
さくら
サッちゃん
里の秋
さわると秋がさびしがる
<し>
叱られて
しゃぼん玉
十五夜お月さん
秋夜懐友(ほととぎす)
証城寺の狸囃子
<す>
ずいずいずっころばし
スキー
雀の学校
砂山
<せ>
背くらべ
船頭さん
<そ>
ぞうさん
早春賦
<た>
大黒さま
たきび
たこの歌
たなばたさま
俵はごろごろ
<ち>
ちいさい秋みつけた
茶摘
チューリップ
蝶々
ちんから峠
<つ>
追憶

月の沙漠
<て>
手のひらを太陽に
てるてる坊主
手を叩きましょう
電車ごっこ
<と>
灯台守(旅泊)
時計台の鐘
どこかで春が
どんぐりころころ
とんでったバナナ
とんぼのめがね
<な>
ないしょ話
仲よし小道
夏の思い出
夏は来ぬ
七つの子
<に>
人形
<ね>
ねんねのお里
<の>
野菊
<は>
箱根八里


花かげ
花の街
花火
花嫁人形
埴生の宿
浜千鳥
浜辺の歌
春が来た
春風
遙かな友に
春のうた
春の小川
春よ来い
<ひ>
ひばり
<ふ>
ふしぎなポケット
ふじの山
ふたあつ
冬景色
冬の星座
冬の夜
故郷
<へ>
べこの子うしの子
ペチカ
<ほ>
星の界

蛍の光
<ま>
牧場の朝
待ちぼうけ
まっかな秋
毬と殿さま
<み>
みかんの花咲く丘
水あそび
みどりのそよ風

南の島のハメハメハ大王
<む>
虫のこえ
むすんでひらいて(見わたせば)
村の鍛冶屋
村祭
<め>
めえめえ児山羊
めだかの学校
<も>
もずが枯木で(もずよ泣くな)
紅葉
ももたろう(桃から~)
桃太郎(桃太郎さん~)
森の熊さん
<や>
山羊さんゆうびん
やさしいおかあさま
椰子の実
山口さんちのツトム君
山の音楽家
<ゆ>
夕日
夕焼小焼

雪の降る町を
夢のお馬車
揺籃の歌
<り>
旅愁
リンゴのひとりごと
<ろ>
ローレライ
<わ>
わらいかわせみに話すなよ
われは海の子

¥ 1,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

通報する