懐かしき日本の名歌

◆ 体裁 A5型 (148mm×210mm) 320頁 
◆ 価格 1,000円+税
◆ ISBN 978-4-88986-355-0 
◆ 初版発行 2001年1月1日

滝廉太郎「荒城の月」「花」、山田耕筰「からたちの花」「この道」、中山晋平「波浮の港」、弘田竜太郎「千曲川旅情の歌」「叱られて」、中田喜直「雪のふるまちを」など、作曲家別に収録。
全189曲。

★ 収録曲索引

<あ>
青 い 小 鳥
赤 い 夕 日
アカシヤの花
赤 と ん ぼ
秋  の  唄
秋  の  月

浅き春に寄せて
あ  さ  ね
朝のいのり
あざみの歌
薊  の  花
あの子この子
あわて床屋
<い>
いずみのほとり
妹     に
<う>
ウ ェ ド ロ
美しき天然
海に寄する歌
海 辺 の 墓
<お>
おかあさん
お菓子と娘
沖 の 鴎 に
少 女 の 歌
少 女 の 誇
おろかしく
<か>
か え り 路
かえろかえろと
垣 の 壊 れ
か  け  す
風 に 乗 る
風の又三郎
片 し ぶ き
鐘が鳴ります
鐘 の な る
か  も  め
かやの木山の
からたちの花
落  葉  松

河 原 菜 種
河  原  柳
神  田  祭
かんぴょう
<き>
君の瞳は海の色
行  々  子
きりぎりす
金  魚  屋
<く>
草     笛
九十九里浜
口     笛
栗  問  答
来るか来るかと
<こ>
荒 城 の 月
ここは瀬戸内
心のふるさと
心の窓に灯火を
子供の踊り
こ  の  道
子  守  唄
小諸なる古城のほとり
<さ>
咲いたさくら
砂 丘 の 上
さ  く  ら
さくら貝の歌
桜  の  歌
さくら横ちょう
沙     羅
さりげなく
讃     歌
<し>
潮     音
叱 ら れ て
しぐれに寄せる抒情
信 田 の 藪
城ヶ島の雨
序  の  歌
白 鳥 の 歌
白     月
真     珠
<す>
鈴     蘭
捨 て た 葱
砂山(山田耕筰)
砂山(山中晋平)
<せ>
関の夕ざれ
せめて急ぎゃれ
<そ>
早  春  賦
<た>
たあんきぽーんき
田  植  唄
啄     木
た ね ま き
旅     人
旅 人 の 唄
丹  沢  の
<ち>
千曲川旅情の歌
乳     草
父  と  子
中国地方の子守歌
ちんちん千鳥
<つ>
津軽のふるさと
月のメランコリア
月  待  草
<て>
出     船
出 船 の 港
<と>
東  海  の
時計台の鐘
嫁ぐ日近く
泊  り  船
<な>
苗  や  苗
流  れ  星
なつかしきおそ夏の日に
夏の思い出
平  城  山
<に>
逃げた小鳥
<ね>
ね む の 花
<の>
野  の  羊
野  ば  ら
<は>
箱 根 八 里
箱根八里は
芭     蕉
芭  蕉  布
初     恋
は つ な つ

花  の  街
花 嫁 人 形

母  の  歌
母  の  声
波 浮 の 港
浜  千  鳥
浜 辺 の 歌
バラ色の街で
巴 里 の 雪
遙かな友に
春のあした
春  の  唄
晩 秋 の 歌
<ひ>
びいでびいで
ビ ー ル 樽
悲     歌
曼 珠 沙 華
秘     唱

ひ  ば  り
百  姓  唄

昼  の  夢
<ふ>
富士山見たら
ぶ ら ん こ
ふ る さ と
ふるさとの(斎藤佳三)
ふるさとの(岡本敏明)
ふるさとの(平井康三郎)
<へ>
ペ  チ  カ
紅殻とんぼ
<ほ>
望 郷 の 歌
鉾をおさめて
星  と  花
ほととぎす
幌  馬  車
ほろろん小鳩
<ま>
待ちぼうけ
松 島 音 頭
祭りもどり
祭 物 日 に
毬 藻 の 唄
<み>
水色のワルツ
<む>
向 う 横 町
胸 の 花 園
<や>
椰 子 の 実
山のあなた
山のかえりに
山のけむり
山  の  母
山は雪かよ
やわらかに柳あおめる
<ゆ>
雪のふるまちを
夢の子守歌
夢見たものは
ゆ り か ご
<よ>
夜明けの唄
宵  待  草
汚れっちまった悲しみに
<り>
旅     愁
<ろ>
六     騎
<わ>
わが手の花
わ  が  涙
別 れ し 宵
わすれなぐさ

¥ 1,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

通報する